2019年11月11日月曜日

World Young Dental Innovators' Meeting2020 演者に選ばれました!

こんにちは。歯科衛生士の本吉です。
2020年に行われるWorld Young Dental Innovators' Meetingの演者に選ばれました!





















歯科のなかで一番大きな会である、国際歯科大会の若手バージョンである今大会。
2020年10月17日(土)、18日(日)の2日間、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜ノース(2020年春開業)で開催されるそうです。

HPには下記のことが掲載されていました。
https://www.quint-j.co.jp/web/young_meeting_2020/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
全世界で活躍中の海外演者24 名を招聘するととともに、将来を担う若い臨床家の方々を中心とする国内演者約270 名を加えた新しい試みの一大講演会となります。本会には歯科界の一流演者および今後の歯科の行く末を担う若手演者が集結することから、居ながらにして世界および日本の歯科医療の方向性を体感できる最高のチャンスです。また、歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士がともに学べるセッション、さらに協賛企業によるコーポレートフォーラムや展示も企画されており、まさに学びの2日間となるはずです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯科の行く末を担う若手演者なんて恐れ多いですが、そんな存在になれるよう今後も精進してまいります!



2019年10月21日月曜日

重度の歯周病の患者さんにレーザー治療を行った症例


こんにちは。ウケデンタルオフィスの本吉です。
先日、日本臨床歯科医学会 東京SJCD ハイジニストミーティングにて症例発表をしてきました。



この発表をするにあたって、院長先生に厳しくご指導していただき、そのおかげで無事に終えることができました。1年前に声がかかって少しずつ準備を進めていたものの、やはり当日迎えるまでは不安ばかりでした…。

歯科衛生士さんをメインに、来場された人数は140人ぐらいだったそうです。院内勉強会で発表することはありましたが、こんなに大人数の前で発表するのは初めてだったので緊張で体も声もガタガタと震えてしまいました。元々話をするのは苦手で、数人の前ですら上がってしまうほどのあがり症なのです。

しかし、最近は人前で話すことが多かったのもあって、いざ登壇となったらふっきれ、楽しくプレゼンすることができました。人前で話すのはやはり場数をこなすのが一番ですね。

当日は院長先生はじめ、勤務医の先生方やスタッフのみんなが応援に来てくれました。お休みの日なのにわざわざ聴きに来てくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

この数ヶ月は準備がすごく大変でしたが、今思えばよい経験だったと思います。症例を振り返ったり、改めて歯周病について勉強し直したりして、まだまだ勉強が足りないなと反省しました。これからも知識や技術の向上を目指して頑張ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そこで今回は、発表した内容を少しだけご紹介させてください。

タイトルは「重度慢性歯周炎の患者に根面デブライドメントとEr.YAGレーザーを用いて非外科的歯周治療を選択した一症例」です。なんだか難しそうなタイトルですが、「重度の歯周病の患者さんに口腔ケアとレーザーで状態が安定してきた症例」と理解していただければと思います。

今その患者さんはずっとメインテナンスで診ているのですが、来院されたときは前歯がぐらぐらな状態でした。他の歯医者で「抜かなければならない」と言われたそうですが、それがどうしても受け入れられずに当院に来院されました。

歯周病の重症度は主に下記の2つで診断されます。
・レントゲンで歯に対して支える骨がどれぐらい残っているのかを確認する
・歯と歯茎の境目の溝の深さを図る(歯周ポケットの精密検査)

この方は根っこの先のほうまで骨の吸収が進んでいました。また、歯周ポケットは12mmで出血や排膿、水平的・垂直的な揺れも確認できました。歯周ポケットの正常値は3mm以下なので、かなり深いポケットなのがおわかりいただけると思います。以上のことから重度の歯周病であると診断されました。



カウンセリングで「なるべく外科処置のような積極的な治療は避けたい」とおっしゃっていたので、まずは非外科的な歯周治療を進めていくことになりました。歯周病の原因はプラークと呼ばれる歯垢です。なので、ご自身では新たな汚れがつかないように徹底的に歯磨きを頑張っていただきました。また、歯垢は歯にくっついたまま時間が経つと、石灰化します。それが歯石です。歯石になると歯磨きでは取ることができません。なので、歯石は歯科衛生士が除去していきます。

歯周病治療のメインはプラークと歯石を除去するこの2点が重要です。ですが、歯周病が進行してしまっている状態だと、このケアだけでは完全なアクセスと炎症の除去が難しくなります。ですので、当院ではこれらの処置にプラスしてレーザーを用いています。

歯科医師・石黒先生

レーザーは殺菌効果、解毒効果、内縁上皮や肉芽組織の除去に有効とされています。根面上への極めて小さい機械的刺激で、セメント質という歯の組織を守りながら、プラークはもちろん歯石も効果的に除去できます。

レーザー治療は歯肉結合組織と根面の付着を促進させるため、中等度から重度の治療において重要な役割を果たすと考えられています。そのため、当院ではレーザーを併用して非外科的歯周治療に取り組んでいます。

すると歯周治療を進めていくにつれて、出血や排膿はなくなり、歯の揺れも落ち着いてきました。レントゲンで確認するとここまで骨ができてきているのです。



歯周治療に頑張って来院してくれたこと、その後もメインテナンスで定期的にチェックしていたこと、何よりご自身で徹底的に歯ブラシを頑張っていてくれたおかげでこの結果が得られました。

当院にはこのように「抜かなればならない」と言われた歯でも、安定した状態を維持していけるよう患者さんのサポートをしています。もし何かお困りのことがありましたら、お気軽に当院までご相談にいらしてくださいね。

2019年10月7日月曜日

ウケデンタルオフィス表参道院|スタッフ紹介


こんにちは。
ウケデンタルオフィス表参道院の歯科衛生士 本吉と申します。

今回は表参道院のスタッフ紹介です。
表参道院は主に4人のメンバーで勤務しています。

・分院長である歯科医師の石黒先生
・歯科衛生士の山蔭さん
・歯科衛生士の本吉
・受付兼歯科助手の高梨さん





歯科医師の石黒先生は口調が優しく穏やかなため、歯科治療に対して不安感のある患者さんもリラックスして治療を受けていただけます。いつも落ち着いた動作で的確な処置を行っており、アシスタントをしていていつも感じるのが「治療が美しい」ということ。また、休憩時間には文献を読んでいたり、休日には学会に参加したりと勉強家な先生です。治療の説明をする際には患者さんの生活スタイルに合わせた提案をされているため、安心してお任せできると思います。石黒先生のお話は聞いていて勉強になるので、治療内容や患者さんの話をお昼休みとかにディスカッションできるのが私の密かな楽しみです(笑)

歯科衛生士は山蔭さんと本吉が交代で勤務しております。山蔭さんは院内のムードメーカーでみんなの悩みを聞いてくれたり、元気づけてくれたりと頼りになる歯科衛生士さんです。患者さんにもフレンドリーなため、緊張することなくお話ししていただけると思います。綺麗好きなため、山蔭さんがいるときは院内がいつも整っているイメージ。アシスタント業務もばっちりこなす、姉御肌な山蔭さんです。

そして私、本吉は、元々神谷町院にいたのですが、その後は大井町院の勤務になり、現在は表参道院にも来ているという欲張りな働き方をさせていただいています。黙々と細かい作業をするのが好きなところや人の役に立ったときに喜びを感じるところなど、歯科衛生士の仕事が合っているなと思っています。自己紹介は恥ずかしいですね(笑)

高梨さんは受付業務をスピーディーにきっちりこなしてくれます。かわいらしい見た目とギャップがあるところもしばしば・・・サバサバしているので一緒にいてとても居心地がいいです。掃除をしているときなど独り言が多いため、見ていてとても面白い(笑)仲良くなったらそんな素敵な高梨さんを見られるかもしれないのでお気軽にお声がけください。説明などとても丁寧にしてくれると思います。

そして実はもうひとり、月に1回だけ出勤されるレアキャラの方もいます…!

歯科医師の露木先生です。石黒先生が勉強会に参加するときに代打で来てくださっています。露木先生は誰よりも思いやりのある先生。露木先生のアットホームさがみんなの懐にすっと入っていけるため、患者さんやスタッフから愛されています。何かお困りごとがあれば露木先生にお話ししてみてください。心が楽になると思います。

表参道院はそんな素敵なスタッフでお迎えしています。

2019年9月19日木曜日

初めて来院される患者様へ|カウンセリングの流れ


はじめまして。

ウケデンタルオフィス表参道院です。

ウケデンタルオフィスは神谷町院・大井町院に続き、2019年6月に表参道院が開院しました。
おかげさまで多くの患者様に来院していただいております。

そして、神谷町院・大井町院と同様に表参道院もブログを始めました。
今後は医院やスタッフの紹介、治療についてなどのお話をしていこうと思っています。





【初めて来院される患者様へ~カウンセリングの流れ~】

通っている歯科医院で歯周病や抜歯を勧められてお困りの患者様はいらっしゃいませんか。当院では、そんな患者様のお力になれるよう、治療を行っております。

しかし、最初の来院時にはどのようなことをするのか不安に思われて、ご相談をためらってしまう方も多いと思います。

そこで今回は、初めて来院されたときにどのようなことをするのかについてご説明していきます。

当院では初めて来院された患者様に、緊急の状態を除いて、いきなり治療を行うことはほとんどありません。それは、きちんと患者様のお口の中の状態を把握し、ご納得された上で治療を行いたいからです。

はじめに患者様のお話をしっかりとお聞きし、お口の状態を確認します。必要であれば検査を行い、今後の治療の流れについてご案内する流れとなっておりますのでご安心ください。

それでは具体的にどんなことをするのか見ていきます。

初診時のカウンセリングの流れ
  1. 問診票の記入
  2. 診療室へご案内
  3. カウンセリング
  4. 検査:レントゲン写真と歯周精密検査
  5. 検査結果と今後の治療についてのご説明
①問診票の記入
まずは、受付にて問診票をお書きいただきます。所要時間は5-10分です。
初めて来院される場合は、記入時間がありますのでご予約のお時間より少し前にお越しくださいますようお願いしております。



②診察室へご案内
その後、診療室へご案内します。診療室は完全個室となっておりますので、周りの目を気にせずに過ごせる落ち着いた空間となっております。歯科医院が苦手な患者様も安心してお話ししていただけると思います。


➂カウンセリング
お困りのことや気になっていることなどを歯科医師、歯科衛生士が伺います。お困りの原因が歯周病であると思われる場合は、レーザーを使用した歯周病の治療について詳しくご説明をします。



➃検査:レントゲン写真と歯周精密検査
歯周病の進行具合を確認するため検査を行います。検査はパノラマレントゲン写真の撮影と歯周精密検査と呼ばれる歯周ポケットの計測をします。

レントゲン写真では骨の状態、歯周精密検査では出血や排膿の有無・歯の動揺などをチェックし、現在の歯周病の状態を確認していきます。



➄検査結果と今後の治療についてのご説明
検査結果と今度の治療計画についてご説明します。歯周病の程度を検査によって把握し、患者様ごとに適した治療回数とそれに伴うお見積もりを作成し、資料をお渡しします。



検査とカウンセリングで所要時間は1時間です。

丁寧な説明と検査を行い、ご納得していただいた上で治療を行っております。少しでも気になる方はお気軽に当院までご連絡ください。






World Young Dental Innovators' Meeting2020 演者に選ばれました!

こんにちは。歯科衛生士の本吉です。 2020年に行われるWorld Young Dental Innovators' Meetingの演者に選ばれました! 歯科のなかで一番大きな会である、国際歯科大会の若手バージョンである...